第24回寺子屋サルーン「『Zoom会議を開いて話し合おう!』Zoomホスト体験講座」を開催しました(令和3年3月13日)

  令和3年3月13日(土)に、第24回寺子屋サルーン「『Zoom会議を開いて話し合おう!』Zoomホスト体験講座」を開催しました。講師は、第22回・第23回のZoom講座でも講師を務めていただいた、特定非営利活動法人セカンドリーグ茨城の奈良間英樹さんです。

f:id:daisukiibaraki:20210317152114j:plain

 (↓第22回・第23回寺子屋サルーンの記事はこちら)

daisukiibaraki.hatenablog.com

 

 今回の講座では、ホスト(主催者)としてミーティングを開催するために必要な知識や注意点について学び、ホストが使える機能やミーティングに便利なツールの体験を行いました。

 

 イントロダクション

 アイスブレイク

 まずは、Zoomに表示される名前を読んでもらいたい名前に変更し、簡単な自己紹介のアイスブレイクを行いました。アイスブレイクとは、自己紹介や簡単なミニゲームなど様々な手法で行う参加者同士の軽いコミュニケーションのことで、講義や議論の導入に、参加者の緊張をほぐして参加しやすい環境を作ることを目的に行います。

 

Zoomの基本とホストの役割

  まずはZoomについて、有料プランと無料プランの機能差や、Zoomで使われる用語など、Zoomの概要について説明がありました。その後、ホストとしてミーティングを開催する流れを学びました。

ミーティングの開催

 ミーティングを開催するホストは、まず新規ミーティングを立ち上げます。開催日時が事前に決定している場合は、スケジュールを設定することで、その日時に自動でミーティングを立ち上げることも可能です。

 ミーティングを立ち上げたら、そのミーティングにアクセスするためのURL、ID、パスコードを参加者へ通知し、ミーティングに招待します。招待は、メールやSNSのメッセージサービスを通じて行うことができます。

 また、待機室という機能を有効にしておくと、入室する参加者を管理することができます。待機室にいる参加者は、ホストの許可がない限りミーティングルームに入室できません。これにより、知らない人が入室したり、時間外に入室されることを防ぐことができます。

 ミーティング内で、ホストは参加者の様々な権限を管理できます。状況や開催の形態に合わせて、参加者のカメラやマイクのON・OFF、チャット機能の有無、参加者の画面共有の有無などを設定できます。

ファシリテーションについて

 グループでの議論を円滑にするために、ホストは「ファシリテーション」について心に留めておく必要があります。

ファシリテーション(facilitation)とは、人々の活動が容易にできるよう支援し、うまくことが運ぶよう舵取りすること。集団による問題解決、アイデア創造、教育、学習等、あらゆる知識創造活動を支援し促進していく働きを意味します。その役割を担う人がファシリテーター(facilitator)であり、会議で言えば進行役にあたります。

―――――出典:ファシリテーションとは - FAJ:特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会

 グループ会議では特に、①参加者の発言状況 ②時間(全体時間・発言時間) ③参加者が発言しやすい環境づくり ④発言を否定しないで受け止める ⑤合意形成 の5つを気にしておくと良いそうです。

 

実践1:ブレイクアウトルームを体験

ブレイクアウトルームについて

 ブレイクアウトルームとは、Zoomで使える機能の1つで、参加者をグループ分けすることができます。グループ毎に議論することが可能で、ホストはグループ数やメンバーの振り分け、ブレイクアウトルームの制限時間などを設定することができます。また、共同ホスト機能を使い、各ブレイクアウトルームに一時的なホストを設定することもできます。

体験

 実際に、ブレイクアウトルームを設定するホストの目線を体験しました。参加者の皆さんを2グループに分け、ブレイクアウトルームに入室してもらうグループと、共同ホストとしてブレイクアウトルームを管理するグループに分かれ、ホスト視点を交互に体験しました。

 

Zoomと使えるツール

 次に、Zoomに備わった会議向け機能や、相性の良い外部ツールを紹介していただきました。

Zoomに備わった機能

ホワイトボード

 ホストの画面共有からホワイトボードを選択すると、自由に書き込んだ図やテキストを共有することができます。

外部ツール

Googleジャムボード

 Googleジャムボードは、Googleが提供するホワイトボードサービスです。より操作性や利便性が高く、付箋機能が使えるため、参加者それぞれの発言を視覚的に整理しやすくなります。一人がGoogleのアカウントを所持していれば、権限の設定でGoogleアカウントを持っていない参加者も書き込むことができ、クラウド自動保存のため保存忘れもありません。

Googleスライド

 Googleスライドは、Googleが提供するスライドサービスです。ホワイトボードやジャムボードのようにフリーハンドで文字や絵を描くのではなく、テキスト入力が主となります。スライドを複数作成し、ブレイクアウトルーム毎に割り振って使用することができます。こちらもGoogleのサービスであるため、設定することで参加者全員が書き込みでき、クラウドに自動保存されます。

 

実践2:ツールを使ってワークをしよう

 学んだツールや機能を使って、実際に会議を体験しました。ブレイクアウトルーム毎に、「それぞれの団体の課題を解決しよう」というテーマで話し合ってもらい、結果を発表してもらいました。

 

Zoom開催にあたっての注意点

 最後に、学んだことや経験なども踏まえて、ホストとしてミーティングを開催する際の注意点をおさらいしました。

参加者の状況

 参加者の皆さんがどのような環境・状態で参加するのかを把握し、あらかじめ注意喚起しておくことでトラブルが減ります。特に、インターネット環境、使用する端末、アカウント(有料・無料)の有無、リテラシー、アプリのバージョンに気を配る必要があります。

画面共有

 画面共有の際には、個人情報や社外秘情報の流出に気をつける必要があります。ブラウザのタブやファイル名などから意図せず情報が共有されてしまうため、画面共有時にはデスクトップやブラウザなどの表示に注意します。

音声・音響

 Zoomで起こりやすいトラブルが、音声トラブルです。今回の講座は会場参加とオンライン参加が混在する形で開催しましたが、こういった会場型オンラインの際には、ハウリングが起こりやすくなります。イヤホンマイクやマイクスピーカーなどを使い、音響を整えることが重要です。

 

さいごに

 今回は、寺子屋サルーン初のオンライン参加を交えた開催となりました。ワークショップでは、PCで参加している方・タブレットで参加している方で使える機能やできることが異なってくるため、スムーズに話し合いができない場面もありました。

 しかし、皆さんが積極的に「それならこうしたらどうか」「こうすればいいのではないか」と意見を出し合い、協力して取り組んでくださったため、とても良い経験になりました。ホストとしてミーティングを開催することに不安があった方も、「失敗してもいい場でホストを経験できて良かった」と自信につなげてくださいました。

 f:id:daisukiibaraki:20210313135739j:plain f:id:daisukiibaraki:20210313135754j:plain

 これにて、令和2年度の寺子屋サルーンは終了いたしました。沢山の方にご参加いただき、誠にありがとうございました。

令和2年度茨城県生活学校連絡会運動大会が開催されました。

 令和3年2月24日(水),茨城県三の丸庁舎において,「令和2年度茨城県生活学校運動大会」が開催されました。

f:id:daisukiibaraki:20210224134158j:plain

ジャーナリスト・環境カウンセラー 崎田 裕子 氏による講演『みんなでチャレンジ!減らそう食品ロス』

 

 今年度は、新型コロナウイルス感染症対策のため、換気や手指消毒、体温測定、ソーシャルディスタンス等を講じ実施。

 茨城県内の各生活学校から約30名が参加しました。

 

 大会では,各生活学校による活動報告や意見交換を行った後、崎田裕子 氏(ジャーナリスト・環境カウンセラー)を講師に『食品ロス』をテーマにした講演を行いました。

 

  講演では、日本国内と海外における食品ロスの現状や、国内の各自治体、企業、団体等による取り組み事例の紹介をとおし、食品ロスの削減には発生抑止が重要であること、私たち一人ひとりの日々の心掛けが大切だということをお話しいただきました。

f:id:daisukiibaraki:20210224130016j:plain
f:id:daisukiibaraki:20210224130044j:plain
f:id:daisukiibaraki:20210224130159j:plain

 

 大会の最後に生活学校連絡会の運動方針として、環境問題、少子・高齢化社会への対応など、暮らしやすい地域社会の構築に向け団結して取り組むことを確認し合い大会宣言を行いました。

 

 生活学校連絡会の藤原会長は、「今日学んだことを自分たちのフィールドに持ち帰り、実践者として今後も食品ロスなどの身近な生活課題に地域の方々と共に取り組んでいってもらいたい」と語ってくれました。

 

◆団体紹介◆ 茨城県生活学校連絡会
茨城県生活学校連絡会は、生活者の視点に立って身近な生活課題を掲げて実践する団体で、昭和43年に結成しました。「生活者の視点に立つこと」「自分たちで生活課題を決めること」「自分たちで解決するために実践すること」を理念に活動しています。
環境問題・高齢者社会への対応・少子高齢化問題等暮らしやすい地域社会の構築に取り組む中で、『もったいない』をキーワードとした『4R運動』を推進し、「食を通じたエコライフ運動」から食の安全安心、食品自給率、食品ロス(廃棄食材)に取り組んでいます。

  

daisukiibaraki.hatenablog.com

daisukiibaraki.hatenablog.comdaisukiibaraki.hatenablog.com

 

広報紙ちゃれいばレターに書ききれなかったこと

こんにちは! 広報紙「ちゃれいばレター」を作っている中の人です。

取材先で色々なお話をお聞きしたのですが、広報紙では書ききれないことが多くあってモヤモヤしていたんです。

これからそんなことについて書いていきたいと思います。

伝えきれるかちょっと不安ですが頑張って書いていきますので、お時間がありましたら気軽に読んでもらえると嬉しいです。

 

よろしくお願いします。

 

シリーズ ちゃれいばレターに書ききれなかったこと

第一回 「みんなで食材をわけっこ」

かなり前になってしまうのですが9月18日に広報紙「ちゃれいばレターvol.6」にNPO法人セカンドリーグ茨城さんが行っている「わけっこ」というイベントを取材させていただきました。

 

「わけっこ」とは

農業、漁業などの生産者さんや小売業の方々などからいただいた食材を分け合って、足りないことや余ることを防ぐためのイベントです。

取材の際は野菜メインでしたが、お米や鮮魚、賞味期限の関係で販売に適さない食材を持ち込んでいただけることもあるそうです。

 f:id:daisukiibaraki:20201221114204p:plain

以前、ゼリーをたくさんもらってわけっこしたら、子ども食堂に来たお子さんたちがとても喜んでくれたそうですよ。

 

 

 

f:id:daisukiibaraki:20201221114438p:plain


 

ロビーに食材をおいて、子ども食堂などの団体さんにわけっこするスタイルで、事前に団体ごとに食材分配を決めて偏りが生まれないようにしているそうです。

f:id:daisukiibaraki:20201221114529p:plain

「これも持ってっていいの?」「持ってっていいよ」のように声を掛け合って確認していく姿や混雑しないように調整しているのか入れ替わりいろんな方が取りに来る姿はまるで市場のようでした。

空気の通り道を作り、常時換気をしたり、しっかりと感染対策もおこなっていて安心です。

「わけっこ」を行うことによって食材が確保できない団体を支援したり、食材を融通し無駄なく不足なく調整したり、生産者の方の想いを伝えたり、いろいろな食材や食文化を触れてもらう食育をしながら、安心して暮らせるよう社会になることを目指しているそうです。

                                   安心して暮らせる社会を目指して!!

  f:id:daisukiibaraki:20201221114802p:plain


冷蔵冷凍設備を導入して冷蔵や冷凍が必要な食品も扱えるようにしたり、野菜乾燥機を導入して切り干し大根を作ったり、食べやすいように大学芋スティックを作ったり食べやすいように工夫したりしているそうです。

様々な食材を活用しているので、どんな食材でもどんどん欲しいとおっしゃっていました。

 特に切り干し大根なんかはいっけん古い食材と感じがちですが、温故知新なのか若い奥様方が触れたことがないため、とても新鮮な食材としてとても喜ばれているそうです。

                               f:id:daisukiibaraki:20201221115920p:plain

食材を通して新しい交流が始まりそうでワクワクしますね。

調達力、広報力、ネットワーク力が大切とおっしゃっていて

食材がないと始まらないことなので提供して下さる方々にはとても感謝なさっているそうです。f:id:daisukiibaraki:20201221120139p:plain

子ども食堂を支援するだけでもすごいのに、教育、各団体さんのつながりを強くする大


切な取り組みをなさってて素晴らしいなと思いました。

ありがとうの輪が広がっていくといいなと思いました。

 

            f:id:daisukiibaraki:20201221120256p:plain

第22回・第23回寺子屋サルーン「本当に初めてのZoom使い方講座」を開催しました(令和2年11月22日・12月12日)

 今回の寺子屋サルーンは連続講座として,令和2年11月22日(日)および12月12日(土)に,「本当に初めてのZoom使い方講座」というテーマで開催しました。

f:id:daisukiibaraki:20201213173530j:plain

 平成30年に開催した第16回寺子屋サルーンの「初心者でも大丈夫!みんなで考えるSNS講座」でも講師を務めていただいた,NPO法人セカンドリーグ茨城の副理事長である奈良間英樹さんにお越しいただき,コロナ禍でのWeb会議ツールとして主流となっている「Zoom」の使い方を教わりました。

 

 (↓第16回寺子屋サルーン「初心者でも大丈夫!みんなで考えるSNS講座」の記事はこちら)

daisukiibaraki.hatenablog.com

 

基礎編

 11月22日の基礎編では,Zoomに関する基本的な用語や基礎知識について教わり,利用開始の準備をしました。

 

通信の歴史と近年の傾向について

 まず,PCにまつわる通信の歴史について,電話回線からインターネット回線・音声通信からデータ通信へと変化した流れや, スマートフォンの普及によるテレビ電話の一般化について学びました。

 テレビ電話が身近なツールとなった今,新型コロナウイルス感染症の流行に伴いテレワークやオンラインでのやり取りが推奨され,テレビ電話ツールの中でもWeb会議に特化したサービスが求められるようになりました。そこで広く使われているのが,今回学んだWeb会議サービス「Zoom」です。

 

 Zoomを使う準備をしよう

 Zoomでは,会議を主催する人を”ホスト”,参加する人を”ゲスト”と呼びます。基礎編では,ゲストとして会議に参加する方法を学びました。

 利用開始までの大まかな流れとしては,①Zoomを端末にダウンロードする(ネット上にあるZoomのファイルを自分の端末に落とす)②Zoomをインストールする(落としたZoomのファイルを使えるように開封する)③Zoomにサインアップする(Zoomに利用者情報を登録する)④Zoomにサインインする(登録した利用者情報で起動する)といった作業が必要となります。

 PCやスマートフォン機器の利用に不慣れな方にとっては少々難しい工程ですが,一つ一つ丁寧に教えていただきました。 その後,実際に奈良間さんが立ち上げたミーティングルームに参加し,ビデオカメラのオン・オフやマイクのオン・オフなどの操作も体験しました。

 

f:id:daisukiibaraki:20201122141105j:plain f:id:daisukiibaraki:20201122141935j:plain


 

 

実践編

 実践編では,実際にZoomを利用し,会議等に参加する方法や様々な機能について学びました。

 

ミーティングを立ち上げよう

 前回準備したアカウントでサインインし,ミーティングを開催するホストを体験しました。ミーティングを立ち上げたホストは,ミーティングをしたい相手を招待する必要があります。ミーティングルームに入室する際に必要なURL,ID,パスワードをコピーする方法,それらをメールやSNSで通知する方法を学びました。

  ミーティングには待機室があり,招待をしたメンバーであっても,ホストの許可があるまではミーティングに参加できません。そのため,ミーティング開催日よりも早く招待通知を送っておくことや,招待していない人の参加を防ぐことができます。

 

Zoomの基本的な機能を知ろう

画面共有

 ミーティングを主催するホストは,自身の端末に表示しているスライドやWebブラウザを,ゲストの端末の画面に共有することができます。オフラインでの会議と同様,資料を共有しながら会議できるため,非常に便利な機能です。しかし,個人のPCやスマートフォンの画面が共有されるため,個人情報やプライバシーの保護には十分注意する必要があります。ホストのみが使える機能ですが,ホストの許可によりゲストも画面共有ができます。

チャット

 ビデオカメラと音声による会話と同時に,文字での会話も可能です。チャットはミーティングルーム内の全員に共有されますが,個別にダイレクトメッセージを送ることもできます。大人数でのオンライン講座などの場合は,ゲストは基本的にマイクをミュートにし,チャットかリアクションボタンで意思表示します。

ブレイクアウトルーム

 ミーティングルーム内のメンバーをグループ分けし,グループごとに話し合いができます。ランダムにメンバーを振り分けるほか,ホストがメンバーを振り分けることも可能です。 

音楽の共有

 ホストが再生する音楽を,ゲストの端末に共有して再生することができます。長時間ミーティングの休憩時間や,オンラインセミナーのBGMとして利用可能な機能です。

 

f:id:daisukiibaraki:20201212130301j:plain f:id:daisukiibaraki:20201212134854j:plain

 

さいごに

 Zoomには,今回学んだもののほかに沢山の機能があります。ですが,まずは最低限の機能で利用してみることが大事だというお話しがありました。使っていくうちに,「もっとこうしたい」「こんなことができれば便利」といった点が増えてきます。そんな時,どうすれば目的の機能が使えるのか「調べることができる」と,Zoomだけでなく他のツールも扱えるようになるそうです。

 ITツールに限らず,まずは恐れずチャレンジすることの大切さを,改めて学ぶ講座となりました。

ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会が研修会を開催しました。

 令和2年10月16日(金),ひたちなか市子育て支援・多世代交流施設「ふぁみりこらぼ」で、ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会主催の研修会が開催されました。

f:id:daisukiibaraki:20201016100804j:plain

 

今回は,ひたちなか市教育委員会総務課文化財室から照沼 沙保里さんを講師に招き,「ひたちなか市の歴史」について学び、意見交換が行われました。

  

f:id:daisukiibaraki:20201016110833j:plain
f:id:daisukiibaraki:20201016110710j:plain
f:id:daisukiibaraki:20201016110658j:plain

 

ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会の皆さんには,これからも,ひたちなか市の魅力をたくさんの方に発信していっていただきたいと思います。

  

f:id:daisukiibaraki:20201016110857j:plain

◆団体紹介◆ ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会
ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会は,平成23年7月に設立され,現在29名のネットワーカーが活動しています。高齢者の生きがいづくりや,ひとり暮らしの方の引きこもり防止を目的とした「おしゃべりサロン うきうき」や,婚活イベント「すてきな出会い ふれあいパーティー」などの開催を中心に,地域の人たちのネットワークづくりと,住みよい茨城づくりを進めています。
ひたちなか市ネットワーカー連絡協議会についてはコチラから

 

茨城県生活学校連絡会の勉強会が開催されました

 令和2年10月14日(水),茨城県三の丸庁舎において,「令和2年度茨城県生活学校連絡会勉強会」が開催されました。

f:id:daisukiibaraki:20201014104254j:plain

 

 勉強会では,茨城県県民生活環境部廃棄物対策課職員による『食品ロス・循環型社会』をテーマに,茨城県のゴミ処理の現状や,食品ロスに対する県の取り組み等についての講習を受けたあと,生活学校として今後どのような取り組みができるのか話し合いが行われました。   

 

茨城県のゴミの総排出量は約106万トン,1人あたり990g/日 排出されています。(出典:環境省一般廃棄物処理実態調査平成30年度調査結果」より) 

これについて茨城県では,第4次茨城県廃棄物処理計画(2016年~2020)において,「ゼロ・エミッション」=廃棄物の排出をできるだけ抑制し,廃棄物となったものは,再使用,再生利用,熱回収の順にできる限り循環的利用を行い,循環的利用のできないものは,適正な処分を確保する。」という「循環型社会の形成」を基本理念とし取り組みを行っています。

茨城県のゴミ処理状況や「ゼロ・エミッション」に向けた各種事業はコチラから

 

近年注目される「食品ロス」(=本来食べられるのに捨てられる食品のこと)については,日本全国で年間約612万トン(平成29年度推計値)も発生していると言われており,これは日本人1人あたりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと同じ量になるのだそうです。 

国連の世界全体への食品援助量が約390万トンであることを考えると,日本国内において食べられずに捨てられる食品がいかに多いかがわかります。

 

これまで茨城県生活学校連絡会では,平成25年に廃棄食材(食品ロス)の削減に向けた調査や,一部の生活学校ではフードバンクの先駆けである「フードドライブ」に取り組むなど,いち早く食品ロスに取り組んできました。

 

現在では,「フードバンク」をはじめ,民間による対策が少しずつ進められていますが,今回あらためて生活者一人ひとりが生活の中で,どのように食品ロスに取り組めばよいのか,また,取り組んでもらうにはどうしたらよいのか考える機会になったようでした。

f:id:daisukiibaraki:20201014104341j:plain

茨城県のゴミ排出量が全国で7番目に多い水準となっているというお話には大変驚かれた様子でした。


また,このほか,マイバック持参運動調査報告や,チャレンジいばらき県民運動の幟旗リメイク,食品ロス以外の4R運動の新たな取り組みについての検討,「家庭で栽培できる緑豆もやしづくり体験」の実践結果報告など,盛りだくさんの勉強会となりました。

f:id:daisukiibaraki:20201014144027j:plain

実際に自宅で育てた緑豆もやし

 

チャレンジいばらき県民運動では今後も,茨城県生活学校連絡会などと連携し,県民一人ひとりが”もったいない”の気持ちを大切にし,家庭や地域,学校,職場など様々な場において,省エネルギー・省資源・4Rなどの環境保全に取り組む「エコライフ運動」を推進してまいります。

 

◆団体紹介◆ 茨城県生活学校連絡会
茨城県生活学校連絡会は,生活者の視点に立って身近な生活課題を掲げて実践する団体で,昭和40年にスタートしました。「生活者の視点に立つこと」「自分たちで生活課題を決めること」「自分たちで解決するために実践すること」を理念に活動しています。
環境問題・高齢者社会への対応・少子高齢化問題等暮らしやすい地域社会の構築に取り組む中で,『もったいない』をキーワードとした『4R運動』を推進し,「食を通じたエコライフ運動」から食の安全安心,食品自給率,食品ロス(廃棄食材)に取り組んでいます。

daisukiibaraki.hatenablog.com

daisukiibaraki.hatenablog.com

 

 

茨城県生活学校連絡会リメイク品を寄贈しました!

 茨城県生活学校連絡会の協力のもと,旧「大好き いばらき 県民会議」時代の幟旗をリメイクして作ったアームカバーや布袋をNPO法人「あさひ」(利根町)に寄贈しました。

f:id:daisukiibaraki:20200930094808j:plain

アームカバーをして農園で作業するNPO法人「あさひ」のみなさん

 今回寄贈したアームカバーは,月一回の調理実習と毎日の農作業の時に,利用者さんとボランティアさんに使っていただいているほか,布袋は,アームカバー入れとしてそれぞれにお配りただきました。

 利用者さんからは「汚れなくていいね」「かわいいね」と喜んでいただいているそうです。 

f:id:daisukiibaraki:20200929102227j:plain

月一回の調理実習の様子。農園で育てた野菜をみんなで調理。

 

団体紹介
NPO法人あさひ』
利根町で初めてNPO法人として認証を受けた団体で,障害者ならびに高齢者の社会自立を目指し、地域での幅広い活動を通して障害者や高齢者の方々が社会に参加することができる、充実した地域社会づくりに取り組んでいます。 また,設立から20年を迎え,高齢化社会に対応した「便利屋さん」活動と「野菜店頭販売」など,地域に根ざした活動をおこなっています。

NPO法人「あさひ」について詳しくはこちらから(利根町民活動情報サイト「とねっと」)

NPO法人あさひ(障害者支援団体)さんより手作りマスクの寄贈 | 利根町公式ホームページ

 

 

f:id:daisukiibaraki:20200929100426j:plain

 農園で収穫した野菜は,事業所の前で販売もおこなっているます。朝早く行けば,獲れたてがゲットできると近所の方に大人気だそうです。