第2回「古内茶庭先カフェ」を開催しました!

 11月16日,木々が美しく紅葉し始める季節にあわせ,城里町古内地区では第2回目となる「古内茶庭先カフェ」が開催されました。

 

f:id:daisukiibaraki:20140101000001j:plain 

訪れた方には,古内地区の名産品である古内茶や,ゆずの黄金煮,おさつチップやけんちんそば,栗おこわなど,庭先カフェごとに城里町の豊かな生産物を生かしたお茶うけがふるまわれ,それぞれが茶畑や田畑,昔懐かしい景色を堪能しながら,ゆったりとした雰囲気を楽しまれていました。

 

f:id:daisukiibaraki:20191118164853j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118164830j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118164834j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118165407j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191116143423j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118164904j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118165357j:plain
f:id:daisukiibaraki:20140101000000j:plain

 

また,今回はスウェーデン出身の日本茶インストラクター「ブレケル・オスカル」さんによる”日本茶の魅力”を知ってもらう講演会や,地元の学生が中心となって作ったスイーツが提供されるなど,古内地区の素晴らしさを知ってもらうため,地域のみなさんが考えたアイデアが盛りだくさんのイベントとなりました。

 

f:id:daisukiibaraki:20191118165408j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191128101434j:plain

県立桜ノ牧高校常北校と常磐大学砂金ゼミの協働で開発された,古内茶を練りこんだマドレーヌ風の焼き菓子『まちゃレーヌ』。当日も常北校生・常磐大生により提供され,400個が完売となりました。

 

f:id:daisukiibaraki:20140101000002j:plain
f:id:daisukiibaraki:20191118165039j:plain

 ブレケルさんは,世界中のお茶の生産地を訪れていますが,茨城県では古内地区が初めて訪れた産地だそうです。古内茶のすばらしさや,地域が一体となり,地域資源である「お茶」を生かしたイベントに大変興味を抱いていただいている様子でした。

 

 

f:id:daisukiibaraki:20191116155044j:plain

 

 次回も古内地区の魅力をお届けできる「庭先カフェ」を開催したいと思います。

 

ご来場いただきましたみなさま,御協力いただいたみなさま,本当にありがとうございました。

 

 

『古内茶庭先カフェ』開催のお知らせ!

令和元年11月16日(土)『古内茶庭先カフェ』を開催します!!

f:id:daisukiibaraki:20191105095057j:plain

 茨城三大銘茶「古内茶」の産地である城里町古内地区。

 古き良き田舎の風情が残る地区で,民家の庭先をカフェとして開放し,古内茶をはじめとした地域の魅力をお届けします。

 また,国登録有形文化財「島家住宅」では,日本茶インストラクター ブレケル・オスカル氏による日本茶の魅力についての講演もあります。

 ぜひ足をのばしてお立ち寄りください。

 

■日  時  令和元年11月16日(土)午前10:00~午後3:00

■場  所  茨城県東茨城郡城里町古内地区

■お休み料  一人一軒 300円

■駐  車  場     旧古内小学校(城里町古内405)を駐車場として開放しています。(30台)

※当日,受付本部(旧古内小学校)にてマップを配布しています。

■問い合わせ タカハギ ℡ 090-9102-3931

                        城里町まちづくり戦略課企画政策係 ℡ 029-288-3111(内線204)

 

 

≪講演について≫ ※要事前申し込み

■場  所  国登録有形文化財 「島家住宅」(城里町上古内480-1)

■日  時  午前10:00~

■定  員  30名

■内  容  日本茶の魅力について

■講  師  ブレケル・オスカル(スウェーデン出身,日本茶インストラクター)

■問い合わせ 城里町地域おこし協力隊 

        ℡/fax 029-297-8288

        e-mail shirosatotoshi@gmail.cim

                        U R L https://forms.gle/nzkwpf23HFQn7gsf6 

 

第20回寺子屋サルーン「自立に悩む若者と保護犬の再出発」を開催しました(令和元年10月20日)

10月20日(日)交流サルーンいばらきにて,第20回寺子屋サルーン「自立に悩む若者と保護犬の再出発」を開催しました。講師は,NPO法人キドックスの代表理事をつとめる上山琴美さんです。

 

f:id:daisukiibaraki:20191024144735p:plain

 

NPO法人キドックスとは,保護犬の譲渡活動やカフェの運営などを通じ,引きこもりや不登校などの悩みを抱える若者の自立を支援している団体です。

その活動は多岐にわたり,譲渡に出せるよう1対1の担当制で行う保護犬のトレーニング,保護犬と出会えるカフェの運営や提供フードの調理,フードに使う果物の栽培,販売グッズの制作,施設の修繕や広報などを,本人の希望や適性を踏まえて若者が行っています。

ここでの活動目標は,「保護犬の里親家族を見つけ,幸せに暮らせるようにすること。」とされています。何らかの失敗や挫折を経験し,社会や人に対して不信感を抱き,自信を無くしている若者は,「社会に復帰する」「コミュニケーション能力を身につける」といった当人の目標に対して抵抗感や恐怖心を抱き,辛くなってしまう場合があります。ですが,「保護犬のため」という目標であれば,受け入れやすくなるそうです。

 

若者たちは,キドックスで成功体験や達成感を得ることで,少しずつ自信を取り戻し,様々な課題を乗り越えていきます。そのために,若者一人ひとりの性格や問題と丁寧に向き合い,敢えてトレーニングが難しい保護犬を担当させたり,スタッフと対等な関係として意見交換をしたりしています。

 決して楽な道程ではなく,自立までに数年を費やす方もいるそうですが,保護犬のための日々の小さな努力が結果に繋がっているという事例をご紹介いただきました。

 

この日は,上山さんの愛犬で元保護犬でもあるキャバリアのでこぽんちゃんにも来ていただきました。

「ハウス」「おすわり」「ふせ」「待て」など,普段若者が行っているトレーニングの一部を見せていただき,初対面である参加者の方の指示もしっかりと聞いていました。

  

f:id:daisukiibaraki:20191024151201j:plain  f:id:daisukiibaraki:20191024151233j:plain  f:id:daisukiibaraki:20191024151142j:plain
家庭で暮らすために必要な訓練が沢山あります

 

ワークの時間には,引きこもりや不登校などの悩みを抱える若者と保護犬について参加者自身が考え,グループで意見を出し合いました。

意外にも,今回参加された方々はそのような若者や野良犬を見かけたり,身近で話を聞いたりといった経験が少ないようでした。ですが,実際にそのような若者や野良犬に出会った場合にどうするかというテーマについて,皆さん真剣に考えてくださいました。

 

f:id:daisukiibaraki:20191024144938j:plain

ワークの様子

 

まず,引きこもりや不登校などの悩みを抱える若者については,家族の力だけでは解決し難いそうです。何に悩んでいるのか,何を辛いと感じているのか,家庭環境や学校・職場環境はどうかなど,個々人によって状況は様々です。また,進学や就職が進むべき道とは限らず,その人にとっての幸せな自立の形も多様です。一概にこうすべきという方法はないため,支援をすることも簡単ではありません。ですが,家族ではない第三者とのコミュニケーションが一歩を踏み出すきっかけとなることも多く,まずは相談すること,話を聞くことが良いとのことでした。

県の精神保健福祉センターをはじめ,市やNPOでも相談窓口を設けており,相談内容に沿った適切な機関を紹介してくれる場合が多いため,まずはどこか相談窓口を利用すると良いそうです。

 

野良犬についても同様で,相談窓口へ連絡することが大切だそうです。

県の動物指導センターをはじめとする相談窓口では,迷い犬を見つけた際の対応についても相談に乗っていただけるうえ,この連絡から即殺処分となることはないそうです。

犬を保護・譲渡するには,お金・時間・環境などの大きな負担と責任が伴います。県内の保護団体やセンターはすでに限界まで動物を保護しており,新たな引き受けは難しいのが現状です。かわいそうだからと安易に保護し,センターや保護団体に引き取ってもらおうという行動は適切ではなく,自力で保護ができない場合は放っておくか,自身のキャパシティを説明したうえで相談するということも,大事な選択だというお話しがありました。

  

f:id:daisukiibaraki:20191024151127j:plain

沢山の質問が挙がりました

 

引きこもりや不登校となる若者,保護犬,どちらも一朝一夕には解決できない問題を抱えており,根気強い活動や支援を必要としています。

一方で,少しずつではありますが,精神的な病や保護犬に対する理解の深まりを感じることもあり,犬猫殺処分数も減少しています。

まずは関心を持つこと,知ることが,共助・共生の地域づくりへの第一歩だと感じる時間でした。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

次回の寺子屋サルーンは,令和2年1月25日(土),元城里町地域おこし協力隊でイノシシ革のお店サングリエをオープンした瀬川礼江さんをお招きする予定です。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

高取鉱山ハイキング参加者募集のお知らせ!

f:id:daisukiibaraki:20191008101549j:plain

日程:令和元年10月20日(日)

午前9:00集合  正午頃解散予定

今から約400年前に鉱山が開かれた城里町の錫高野にある「高取鉱山」。明治時代までの長い間,金・銀・鉛・水晶等の珍しい鉱石が採掘されていたそうです。

現在は,県外から多くの方々が毎週末訪れるスポットとなっています。

地元の方にはあまり知られていない「高取山」をチバニアン申請に取り組む茨城大学理学部の岡田誠教授と一緒に歩きませんか?

■参加料金:一人500円(保険料込)

■集合場所:仏国寺境内(茨城県東茨城郡城里町塩子1736)

■当日行程:9:00集合・出発,正午頃解散予定

■参加方法:FAXもしくは下記フォームよりお申し込みください。

https://forms.gle/aGQsBFkFRqKuj34v7

※FAX の場合, 参加者全員の 住所・氏名・電話番号 を御記載ください。

■募集人数:30名程度。(応募者多数の場合は抽選となります。抽選結果は締切後に連絡いたします。)

■申込期間:令和元年9月20日(金)8:30~10月10日(木 )17:00

■お申込み・お問い合わせ先

城里町役場まちづくり戦略課企画政策係

TEL:029-288-3111 内線204 FAX:029-288-3113

■お申込みに関する注意事項

天候による中止の判断は前日17時までに決定の上,連絡いたします。

参加料金は当日徴収いたします。

歩きやすい靴と山歩きに適した服装をお願いいたします。

鉱石が必ず見られるものではありません。

集合場所はスペースが限られているため,乗り合わせ等御協力をお願いします。

主催:チャレンジしろさと(しろさとネットワーカー等連絡協議会)

 

高取鉱山ハイキング参加者募集のお知らせ!   PDF

 

この情報は、チャレンジいばらき県民運動 地域活動投稿フォームから投稿いただいたものです。

魅力発見・発信グループ(県民活動推進員)広報紙技術研修を行いました。

7月29日(月曜日)三の丸庁舎2F「交流サルーンいばらき」会議室にて、広報紙編集の研修会を開催いたしました。

f:id:daisukiibaraki:20190731160503j:plain

講師に、株式会社日宣メディックス企画・編集チームの鈴木様をお迎えし、広報紙の編集作業の流れをわかりやすく、丁寧に講義してくださいました。ありがとうございました。^o^

f:id:daisukiibaraki:20190731160729j:plain

県民活動推進員の皆様も真剣に校正のやり方や「ワークショップ」に取り組んでいました。

f:id:daisukiibaraki:20190731160904j:plain

 

第19回寺子屋サルーン「新しい活動を立ち上げよう!」を開催しました(令和元年7月27日)

 7月27日(土)交流サルーンにて,第19回寺子屋サルーン「新しい活動を立ち上げよう!」を開催しました。講師は,空き家問題を軸に様々な手法で地域活性化の新しいプロジェクトを立ち上げてきた建築士の加藤雅史さんです。新規プロジェクトの立ち上げにおいて重要なポイントを,加藤さんの経験をもとに教わりました。

f:id:daisukiibaraki:20190728101152p:plain

新しい活動を立ち上げよう!

 

  加藤さんは,リノベーションスクールで水戸市の泉町仲通り商店街を扱ったことをきっかけに,地域活性化に取り組み始めました。ただワークショップで終わらせるのではなく,ここから継続的に盛り上げていきたいという思いで,有志の方々とともにイベントを開催しました。イベントは無事開催できたものの,SNS上や商店街の方々から,「よそ者が何をしているのか」「金儲けのためではないか」という厳しい反応があったそうです。

 加藤さん達は実際に泉町仲通りに活動場所を構え,1年半ほどかけて地道にコミュニケーションを重ね,商店街の方々との関係を築きました。そして,クラウドファンディングで集めた資金とみなさんの協力のもと,泉町仲通りの顔である門看板の修復を成功させました。

 

 活動は軌道に乗ったと思われましたが,ここでともに活動していたメンバーが離散してしまったそうです。その原因は,リーダーがいなかったこと,そして理念がなかったこと。活動をしていくなかで生まれる,「なぜこのようなことをするのか」という疑問に対しての答えとなる明確な理念があり,それに沿ってメンバーを引っ張るリーダーがいることが,活動を長く続けるためには重要であるというお話しでした。

 

f:id:daisukiibaraki:20190728105648j:plain

失敗談も含めて,とても貴重なお話を聞くことができました。

  次に,マチノイズミプロジェクトについてもお話しいただきました。泉町にあった空き店舗をクラウドファンディングで集めた資金を使って改装し,学生を中心に多世代交流スペースとしてオープンしたのがマチノイズミです。泉町仲通り門看板の修復,マチノイズミプロジェクト,どちらもクラウドファンディングで資金を調達していますが,クラウドファンディング成功のファクターは「共感力」。

 その活動を応援したいという思いから支援をいただけるため,まずは活動する人の顔がわかるように写真を載せること,そして返礼品には活動のオリジナルな要素を入れることが,共感を得るためのポイントになるそうです。

 門看板の際には加藤さんご自身がデザインしたTシャツがあったり,マチノイズミでは実際に改装作業に参加できたりと,その活動や活動する人を応援してくれるファンの方には嬉しい「ならでは」の返礼品が,成功の秘訣と仰っていました。

 そしてファンを増やすためには,とにかくSNSで発信をし,「知っていたら支援したのに……。」という声を少しでも無くすことが大切だというお話でした。

 

 最後に,参加者の方それぞれが,新しい活動をスタートさせるためのクラウドファンディングについて考えるワークショップを行いました。なぜこの活動をするのか,その活動を行うための金額はいくらか,返礼品な何かなど,実際のクラウドファンディングに必要な項目についてワークシートを使って書き起こし,発表していただきました。参加者同士の意見交換で,皆さんそれぞれの今後の活動を後押しするようなお話もありました。

 

f:id:daisukiibaraki:20190728115016j:plain  f:id:daisukiibaraki:20190728115148j:plain

 

  今回印象的だったのは,何らかの「交流」を生み出す場を作りたいという声が多く挙がったことです。今年度の寺子屋サルーンは「共助・共生」を大きなテーマとして開催していますが,そのような地域社会の在り方を求める思いが確かにあることを実感するとともに,実現へ向けたヒントを共有することができました。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 今回お話しいただいたマチノイズミは,310食堂や料理教室・体験教室などのイベントが開催されていたり,学生さんが勉強していたりと,なんでもありの交流スペースです。寺子屋サルーンの打ち合わせで初めてお伺いしましたが,とてもオシャレで居心地の良い空間でした。みなさんもぜひ,足を運んでみてください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

≪お知らせ≫

 次回の寺子屋サルーンは10月20日(日),NPO法人キドックスの上山さんをお迎えして開催する予定です。

 

 

令和元年7月13日(土)ひぬま流域クリーン作戦を実施しました!

クリーンアップひぬまネットワークとの共催により,約600名の皆様に参加をいただき,涸沼流域のゴミ拾いを行いました。

f:id:daisukiibaraki:20190713083549j:plain


当日は,連日の雨模様が(当日だけ)奇跡的に途切れ,時折晴れ間がのぞくなど,お天気も私達の活動を歓迎してくれているようでした。

f:id:daisukiibaraki:20190713092127j:plain

また,茨城ロボッツから,友利健哉選手と高橋祐二選手,チームマスコットの「ロボスケ」くん,RDT(ロボッツダンスチーム)のASUKAさんとNOZOMIさんに,水戸ホーリーホックからホーリーくんにも参加いただきました。

f:id:daisukiibaraki:20190713075950j:plain

 参加してくださった全ての皆様に心より感謝申し上げます。

環境問題の解決に特効薬はないと思いますので,今後とも地道な活動を通じて,環境保全に対する意識啓発に取り組んでまいります。^o^/